武器一覧


補足情報


  • アンロックについて
・武器、装備品は解除レベルに到達し、1レベル上がるごとに取得できるアンロックトークンを1つ消費することで使用可能(初期解除除く)

  • 落ちている武器について
・今作はアタッチメントや迷彩が同じでなくても、武器さえ同じなら弾薬が補充できる。
・また、拾う際に入るコッキング動作はパークのFAST HANDをつけていれば倍速になる。

  • 移動速度について
・今作は背負っている武器にかかわらず現在持っている武器のスピードが適用される(LMGを背負ってタクティカルナイフを装備しているとタクティカルナイフの速度で走れる)。
・上手く利用すればナイフでBへダッシュし、LMGに切り替え弾幕を展開、敵を牽制しつつ味方を待つなどと言う戦術も取れるので上手く使いたい。

  • 武器プレステージ
・今作では武器にもプレステージが存在する。全アタッチメントを解放するとプレステージ出来るようになる。
・最高でプレステージ2。プレステージ2にして全迷彩を解放するとその武器は極めたと言えるかもしれない。
・なお、武器プレステージをしても 獲得した迷彩は残る ので安心しよう。

  • メリット
・プレステージ1回目から武器にクランタグを刻印できる(刻印される場所はそれぞれ違うのでよく見てみよう)
・プレステージ2回目から武器にエンブレムをペイントできる(これも迷彩によっては非常に見づらい場合がある)
・プレステージ2回目で武器CallingCard取得
・武器Lvアップにともなう経験値を再度取得可能

  • デメリット
・レベル1にリセットされ、全アタッチメント没収

・また既存のランクに対するプレステージを行った場合は武器にロックこそかかるものの、
・開放と同時に成長を持ち越したまま再度使用可能になる。(武器のプレステージも持ち越し)
・状況に合わせて両方、気兼ねなく周回できるものの武器経験値はこの武器プレステージでのみリセットな点に注意。
そのためランク側の高次周回は成長に時間がかかるように作られている。
・特にアタッチメントの無いランチャー類にもプレステージが存在する。(戦闘中に唐突にランチャーの絵と経験値+の表示が出たときがレベルの上がった瞬間。海外版発売当初はバグで正常にレベルが上がらなかったがパッチで修正された)。
・プレステージレベルはランチャーによって異なるが、メリットは通常武器と同じ。対してデメリットはレベル1に戻る物のアタッチメントが無いため、特に無い。


コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2012-12-06 12:45:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード